丁度一年前・・・

アニメ2つ消化できた―と思ったら1年前のだった。

ヤス並みの消化力が欲しい。

 

RWBY

世界観とか設定わからないままキャラの可愛さにひっぱられて見ていたので、後半のハードな展開には度肝を抜かれました。

え、しん・・・?え、腕・・・みたいな感じで・・・

だからこそ続きが気になるのですが、辛い。

元々は海外のWebアニメで、TV放送版(日本語吹き替え)はかなりカットされた総集編的なものだったみたいです。

劇場版はフルだったのかな?

どうりで展開が早いわけだ・・・というわけで日本語吹き替え版のBDの購入を検討中。

 

小規模で制作されたものなのでCGがしょぼいという意見もあるみたいですが、私は日本のぺらぺらなのにぬるぬる動く感じが苦手なので、逆にかくかく動くこっちの方がアニメ絵に合うし違和感なくて好きです。

それと戦闘シーンがめちゃくちゃ格好良いです。日本のCGアニメだとぬるぬるしてて動きが遅く感じるのですが、RWBYはカメラワークもテンポ凝っていてスピード感があって見ていて楽しいです。

RWBYはキャラがとにかく可愛くて魅力的です。特にワイスがお気に入りなのですが、画面に映るたびに新鮮な気持ちで「かわいいなー」と思ってしまいます。かわいいわ~

Youtubeには日本語字幕版が全編アップされているようなので気になったら見て欲しい。

というか私も見たいけど吹き替え待ちしたい複雑な気持ち。

 

 

カリギュラ

こちらはゲームが原作のアニメ。

ゲーム原作アニメ、嫌な予感しかしない・・・?

 

正解です。

 

作画が後半に行くにつれてやばい。

シリアスな場面で完全ムンクの叫び状態になってるキャラがいて泣きました。

ひどい、ひどすぎる。ハマトラ越えてる・・・

これ絶対なにかを諦めたでしょ。

作画はそんな感じですが、内容もなかなかむむむな感じで。

毎回1話飛ばしたかな?と思ってしまうくらい色々飛んでいました。

でも、ラスト3話が良かったんです!

見事な話の回収っぷりで、これで一気に盛り返しました。

次回予告のぶくぶさんの4コマでペルソナと比べられていじられてましたが、ペルソナが若い子向けならカリギュラはある程度年いった人向けかなと思います。

登場人物はそれぞれ悩みを抱えていて、それが切っ掛けで「誰もが平等に幸福な仮想世界」に取り込まれてしまうのですが、その悩みが結構生々しいんです。

最後の方で、明らかに尺足りなかったアニメ恒例の1話で全員の内面吐露大会が開かれるのですが、悩みの内容が内容だけにあまり唐突感や無理やり感を感じずに見れました。

現実世界に帰った後も劇的に状況が変わるわけでは無いというのも面白かった。

主人公の正体も予想外でよかったのですが、仲間との交流がなかったような感じになってしまったのはちょっと悲しかったな。

キャラは笙悟が好きです。ツンケンキャラかと思ったら愛されキャラだった衝撃。

4コマ遡ってもグキちゃんの由来が分からなくて困惑してたけど、そもそも4コマが由来だったらしい。わからんて。

ゲームのキャラデザから興味を持ったアニメでしたが、途中で脱落しそうになったりしつつも完走できて良かった。

世間的には低評価なんだろうけど、話はほんとに面白いので勿体ない。

ゲーム欲しい・・・PS4・・・持ってない・・・

やる気なっくす

ここ最近、特に何をしたわけでもないのに燃え尽き症候群のようになってしまいました。というかただの無気力症候群!

コミティアとかダダに出たいと思っていたのにネタをまとめる気力がない。

冬コミにメルストでまた出るかもしれませんが、ゲーム自体は進化応援開始以降どんどん意欲低下しています。

ほんとなんなのこのイベント・・・いつ終わるか分からないソシャゲでやるイベントじゃないよ。

ノルンに5万票入れてんだもう勘弁してくれ~

じゃなかったら端末5個支給してくれ。

なんど順位抜かれたら進化してくれるんだろなあ。

何故かノルンを目の敵にしてる人がいるし凹む。

久々に

手ブロ描きました。

ハマキャラ誕生日絵が進んでないのに唐突に三毛縞を祝ってみました。

誕生日ボイスが間に合わなくて口パクだったの悲しい。

3-Aスカウトは普通に開催されてるのにね。不思議だね。

 

 

このところガンガン黄金期の作品が次々蘇っていて驚きです。

ハーメルン里見八犬伝刻の大地に続きなんとツインシグナルまで続編開始されるそうです。

いやーめっちゃ楽しみ。こんなことってあるんだなぁ。

気づかないところで他の作品も復活してたりするんですかね。

C93

冬コミ一日目行ってきました。

疲れたけど楽しかった・・・

たくさんの人に本を手に取ってもらえてうれしかったです。

冬コミには元々出るつもりはさらさらなくて、友人が参加する!と意気込んでいたのを

傍から「へー」と見てたのですが、

いつの間にか私も参加することになっていて

「へぇっ?!」という感じでした。

でも誘ってもらえて良かったです。

大変だったけど達成感ありました。

 

それにきんモザ好きの方やハマトラ好きの方に会えましたし。

お話全くできませんでしたが!

ハマトラ好きでメルスト好きなんてマイナー×マイナーすぎて

奇跡じゃないですか?すごい。

 

また機会があればメルストで参加したいな~と思いますが、

ネタを出すのが辛かったので参加できるかは不明です。

でもプチはちょっと行ってみたい。

今回メルストは数サークルしかありませんでしたが、プチになると10倍くらいになるらしいので。

ハマトラオンリーも何故かまだ続いているので、支援を兼ねてその内また参加できればと思います。

アイドル

については少ハリで描かれてたものが全てと思っているので

あんスタにその辺で思うことはないのですが、

なんというか、

 

そろそろ明るい話が読みたい!!

 

みたいな気持ちになります。

暗いよ!最初はいいけど食傷気味だよ!アイドルものなのにトラウマものだよ!

主人公が吹かす新しい風とはツッコミの事か。という勢いでツッコミ入れつつストーリーを進めてます。

いや面白いんですけどね。

その辺りの辛さはあんさんぶくぶが相殺してくれています。

あんさんぶくぶほんと好き。

 

あと新しい斑のカードが欲しい。

手持ち分の親愛度が完ストしてしまったので、

新しいカード欲しいよ~とカードの親愛度一覧を友人にメールしたところ

「グロ画像」と返されてじわじわきてます。

愛がグロい。

オンアイス

ユーリ!!! on ICEバンダイチャンネルで見放題になっていたので見ました。

 

色々とよくない話が耳に入っていたので今まで気にかけていなかったのですが、

とても面白かった。

確かに腐向けな要素が多かったけれど、

想像していたより遥かに取っつきやすかったです。

とにかくテンポがよくて、話がどんどん進みます。

え、三話でここまでいっちゃうの?という感じで、気付くと結構重要な話がさっと終わっていたり。

でも物足りない、とか急すぎてついていけないということがない絶妙なバランスです。

競技シーンは時間を割いてしっかり描かれているからかも知れません。

とにかく9話までの駆け抜けていくような展開は爽快感があります。

でも残念だったのが10話で、グランプリファイナルを控えた選手それぞれの姿が描写されるのですが

今までの話と比べるとテンポが悪かったりここにきてその話…?というものが多くて

ここで一気に失速してしまい、その流れのまま最終競技まで行ってしまった感が拭えず戸惑ってしまいました。

腐向け要素については温泉関連よりも勇利とヴィクトルの過剰なスキンシップや指輪を渡す話の方が引っかかってしまった。

愛を知らない二人が恋人のような戯れをする・空港で再会した際にヴィクトルが指に口づけた。と一応そうなる理由は理解できるのですが、どうしても製作者がやりたかっただけなのが透けて見える気がしてしまって。

これは原案の方の問題発言を見てしまったせいもあるかもしれませんが・・・。

良い作品だっただけにトレース問題など色々と勿体ないです。

 

それでも登場人物が生き生きとしていて誰もが魅力的ですし、

スケートシーンは感動します。

皆自分の人生を投影して演技してるのでとても心にくるんですよね。

人生を重ねることが出来るものがあるのは羨ましいです。

試合の場面はテロップとか実況がリアルで、

実際の競技を見ている時みたいに「あっ!」とか声が漏れてしまうくらい引き込まれるので楽しいです。

キャラクターはピチットと健次郎、エミルが好き。

もっと彼らの活躍が見たいと思える作品なので続編を期待しています。

でも2期じゃなくて劇場版がやるのかな?

あと勇利は最後までヴィクトルのために滑っていたので

いつか自分の為に滑って欲しいな。