ヒロアカ

二期に入ってキャラの個性が際立ってきて盛り上がってきました。

 

お茶子はほわほわした癒し系ポジションかと思いきやかなり根性ある子でした。

VS爆豪戦では戦い自体よりも

無意識にデクに頼っていたことが恥ずかしい。と言ったことに感銘を受けました。

そこを悔いられるのが格好良い。

心操も良いキャラでした。

これは推さずにはいられない。

物間、拳藤、発目も好き。

 

 

一期では轟がすごいイケメンだな・・・と思うくらいでまだ推しキャラがいなかったのですが、

天童の巻頭カラー目当てで買ったジャンプに掲載されていた回を読んで

切島に落ちました。

呆けた顔がなぜかクリーンヒット。

キャラ的にもあの爆豪の暴言にも動じなかったり、協力するために上手く説き伏せたりと面白いです。

しかし今思うと髪色・髪型・目付きが天童に似てる・・・

いやでも別に天童は関係ない。はず。

 

あと二期では轟の話が序盤の山場であるせいか、

最初の方から妙に作画に気合が入っていてイケメン度がさらに増してましたね。

スティーブンの時も思ったけれど、氷技を使った後に白い息を吐くのがツボ。

オリジン回は気合入りすぎていて本当すごかった。

最後のぶつかり合いのシーンは何度も見てしまいました。

見ていて気持ちがいい。

緑谷が飛び出す所と氷から炎の攻撃に移行するときに画面が光るところが特にいい。

 

ヒロアカを見ていると時折包み込むような父性を感じます。

それは作者の人柄が成せるものなのか(どんな方なのかは存じませんが)

オールマイトや相澤達の言動から感じ取ったものなのか・・・

なんとも不思議な雰囲気を持った作品です。

広告を非表示にする